So-net無料ブログ作成
検索選択

舌癌ー「その後」のその後 [病]

当ブログ、舌癌に関する話題へのアクセスが多いようです。やはり同じ病の方達が検索でやってくるからなのでしょう。私も同じように調べまくりましたからよくわかります。
不安を抱えている方、すでに病と闘っている方、様々だと思います。
このブログも長い間更新を怠ってしまったのでこの辺で「その後」のその後を報告をしたいと思います。

舌癌の経過はすこぶる順調です。
退院後3ヶ月に一度診察、半年に一度造影CTというペースでした。
しかもその間にただ診察というのももったいないということで虫歯の治療までしていただきました。大学病院の口腔外科で虫歯まで治療してくれるなんてずいぶんと贅沢な話です(笑)その診察も2016年11月のCT後は一年に一度で良いことになりました。
次回は2017年11月の予定です。
発症は2013年、退院が2014年3月ですから間もなく3年が経とうとしています。
言葉も耳のとおい老人(例えば87歳の母など)には少し聞き取り辛いこともあるようですが一般人には問題なく通じます。
「滑舌の悪い人だなぁ」「昼間から飲んでのか?」ぐらいの印象ではないでしょうか。
食べる方も特に食べられないものもなく以前と変わらない食事をしています。
外食でも何の不安もありません。
ただ一部上あごに張り付いてしまうような食べ物は苦労することがあります。例えば薄いハム等のような。
健康な時のように自在に舌を動かすことは難しく、舌で移動させることが困難なときは行儀は悪いですが箸を口に突っ込んで移動させています。ほとんどありませんが。
それから移植した半分の舌は肩の筋肉で神経がありませんので魚の骨や極端に熱いものなどには注意が必要ということぐらいでしょうか。
これは記述したかどうか失念しましたが、2013年の舌癌の前2006年に白血病にもなっています。こちらは未だ3ヶ月に一度血液検査と検診を受け続けています。
こちらも問題があるわけではなく、おそらく私から申し出れば診察回数を減らすことは可能だと思いますが、病歴が病歴なので安心の為にそのままにしています。
現在は介護メインの生活ですが自宅作業の映像編集仕事、以前からの撮影仕事も続けていますがこちらはシングル介護でどうしても母をショートステイに預けなければなりませんので少しセーブしています。ということで生活に困るようなことも今はありません。

思えば命を落としてもおかしくない病にかかりながら今もこうして生きているのです。
そのおかげで様々な新しいチャレンジも出来ていることを考えるとあらためて医学に感謝です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。